気分やさんの気ままなブログ

【カメラマンデビュー】

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232033j:plain

 一眼レフカメラを持ってから初めてカメラマンを引き受けました。フットサルの様子を撮りました。6月に参加した「愛パス」という集まりのフットサルです。

その時に足をケガしてしまいましたが自分なりに関わりたいと思った時にカメラマンに回るという手が思いついたのでした。

 

 今まで一眼レフで主に撮ったものは自然や物など静止している物でした。

一眼レフを持っていなかった頃まで含めてもフットサルのような激しく動くものを撮るようなことは今までなかったです。

それに企画を撮ることがイマイチしっくり来ていないので何か得られたらという気持ちもありました。

 

 できれば狙った瞬間を撮るに越したことはないですが初めてでそれはできないだろうと早々に諦めていました。

ですから、高速連写のモードで1つの場面で数枚撮って、その中から厳選することにしました。

ビデオカメラで動画からワンカットを切り抜いてくるという邪道法と同じような感じです(笑)

 

 あとは数撃ちゃ当たる精神でした。自分がふと何かを感じたら直視して良さそうかどうか頭で考えて判断する前にカメラをそっちに向けてとりあえず撮ったのでした。直感です。

実際その直感はいいような時が割と多いので、直感で撮るものなのではというのが自論です。

中にはしっかり構えてなくて下の方のよく分からないところを撮っていたりピントやズームの具合が合ってなかったりすることもありますが、上手く撮れなかったら消せばいいだけなので。

 

 一方で、カメラマンだからこその楽しさもありました。それは時間ごとに参加している人の表情が変化していることに気づけることです。

難解も参加している人もいれば初めての人もいて、最初の方は緊張している表情やどこか自然じゃない笑顔をしている人もいました。

それが仲が深まっていくとそれにともなって表情も自然な笑顔になっていってました。

それから連続で撮影しているとおもしろいつながりのある写真が撮れたり。

 

 だからこそ、カメラマンであってもコミュニケーションが必要なことに気づきました。

この場に参加するのが2回目ということで、まだ話したことがない人も多かったです。

が、前回に知り合ったり自分が参加していたことを知っていて話してくれた人もたくさんいました。そして話しがてら写真を撮るといい表情の写真が撮れたのでした。

参加者とカメラマンという異なる立場で一線引いてしまいそうになることもありますが、距離感が近いほどいい写真が撮れるのでしょう。

 

 ちなみに写真はデータファイルの番号から3000枚以上撮ったようです。容量は全然余裕と思っていましたが少しヒヤッとしました。

その3000枚から厳選したのですが、それでも500枚も残り、それ以上は僕には削れませんでした。

誰かの心には引っかかるのではないかと思い、そこからどうするかはたぶん見る側に委ねるべきだと思ったのでした。

それでも厳選しているのでつながりがおもしろかった連続した写真も捨ててしまったり。

本当はそういうおもしろさも残しておきたかったけど、そこまでしたら本当に尋常じゃない量になってしまう・・・。

 天気的にも明るい写真もあれば暗い写真もあったりとばらつきもあったり、次はあの設定を少し調整して撮りたいなど改善点も見つかりました。

それにまだ奥深さがあるのだろうということも何となく感じました。

それも含めて今回はとてもいい経験ができました。

 

おまけ:愛パスってこんなところ!

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232135j:plain

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232203j:plain

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232235j:plain

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232254j:plain

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232315j:plain

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232338j:plain

 

・・・そしてベストショットは!

 

 

 

 

 

 

f:id:itasan-kibunyasan:20190716232418j:plain

 

フットサルじゃない!ポカリの広告かっ!

 

【やらかした~】

f:id:itasan-kibunyasan:20190714222851j:plain

 目的地に向かうのに市バスを利用したのですが乗り間違えてしまいました。

今までに数回乗り間違えることがありましたが、それはバス停に時間ギリギリに着いて、来たバスに急いで乗ったような時でした。

しかし今回はバス停に着いた時間自体は余裕があったのですが間違えてしまいました。

「時間ギリギリでなければ乗り間違えない」というわけではなく、「乗り間違えないためには学ぶ必要がある」ということを考えることになったのでした。

ちなみに今回学んだことはそこの停留所にほかの方面行のバスが近い時間にここに来ないか、ほかの方面の時刻表も停留所で確認するということですね。

 

 まだ家の近くからの栄・矢場町行きのバスを使いこなせないな~

【じしんのときは】

 地下鉄の中でふとほかの人が持っていたプリントに書かれていることが目につきました。

 

カブトムシ、だんごむし、でんでんむし、じしんのときは、だんごむしのポーズだよ

 

おそらく幼児教育関係のものでしょうが、子どもでも分かり印象にも残るいい標語だと思ったのでした。

【自由なインタビューゲーム】

 昨日、インタビューゲームをやりました。やった時に今日が何人目かあやふやになったのですが、過去の投稿を振り返ってみると24人目だったようです。

f:id:itasan-kibunyasan:20190601010641j:plain

今回の相手の方は、寺子屋塾に通っている人でもありその前からも顔見知りではあった上に、その人もインタビューゲームを自分と同じぐらいやったことがある方でした。

 

 そのような方とやったのですが、僕としては念願の相手でした。ここ半年ぐらいずっとやってみたいやり方があったのです。

それは相手から言葉として出ていない情報で相手の他己紹介文を作るというものです。

原則はインタビューしていく中で価値観・考え方を引き出してまとめるものです。言葉として出てきたことを基にしてまとめるわけです。そのような主旨でルールも作られています。

ですが今回やってみたかったのは、引き出した情報を基に相手の考え方・価値観を僕の方で構築するといったことです。

言い換えればこちらの主観でまとめるわけです。(ルール説明では「相手になりきって書きます」「主観で書いてかまいません“が”」とあります。)

 

 そのため、こちらからリクエストしたことがありました。後に聞き手をやったのでした。

今回のことをやるにあたって、ただ聞き出すだけでなく、非言語的な部分の特徴を見つけておきたかったのです。

実際に相手の方は笑顔であり身振り手振りが多く丁寧にインタビューするということを見いだせました。

 

 その後に聞き手となって相手にインタビューしたのですが、率直な感想としてはとても大変でした。いつもの倍以上のことを考えながらインタビューしていた感じでした。

なぜなら、相手の話の内容そのものとその内容の裏にある価値観の2つを聴いて質問していったわけです。

しかも今回は自分の中でまとめ方の方針があったことも考えることが増えた要因でした。

そのためインタビューの流れとしてはあちらこちらに話が転々としてしまいました。仕事の話を質問していたのに突然人生観を質問したりとか。

いつものようにやる時にこのように質問したら、いいまとめ方はまずできないでしょう(笑)

 

 そして他己紹介文を書いてみたのですが、当初思っていたよりかなり相手の言葉を使って書くこととなりました。というのは価値観自体を結局質問してしまったからです。

それは初めての試みであり、事実と異なることを書いてはいけないという気持ちからの防衛心が働いたからでしょう。

ですが、後半の半分ぐらいはやろうとしていたとおり、僕の方で価値観を再構築してまとめることができました。

ただ、それが相手の方に受け入れてもらえるかはまだ分からないので書き上げた時は不安ばかりでした。

 

 そして、相手の方にまとめたものを渡して確認してもらったのですが、おもしろいまとめ方であり、確かにそうかもしれないと言ってもらえました。よかった~という気持ちに限りました。

 それから後の振り返りで質問がいろいろな話に転々してしまい、やりづらさや違和感がなかったかも不安だったのですが、特になかったようでした。

そして相手の方から、自分もこのような自由なまとめ方をしてみたいと思わせることになったほどでした。

 

 ただ、自分の中ではまだ不完全だったという感じです。価値観に関してを直接聞いて「保険」を打ったのですから。

いずれは、いつものインタビューゲームの時のように質問しながらも、価値観を再構築してみて、相手に「こんなこと話してなかったのに合ってる・・・!」みたいなリアクションをさせられたらおもしろいなと思っています(笑)

 

 ちなみに念願の相手だったというのは人を選ぶ必要があったからでした。

ある程度見知っていたから上手くいかなくても悪く思われないだろうという信頼性。

それからインタビューゲームが初めてとかあまりやったことない人だと「これがインタビューゲームなのか!」と変な観念を植え付けてもいけないしイレギュラーすぎるし。

何回もやったことがある人だから「ルールに制約がない」ことが分かっているということが必要でした。

なので念願であったわけであり、次に試せるような人いつになるやら。

f:id:itasan-kibunyasan:20190711233639j:plain

 

【怪我の功名】

f:id:itasan-kibunyasan:20190626220912g:plain

 右足をケガしてから2週間が経ち、痛みはそれほどないものの歩くのに思うように動かせず歩く速さは遅い状態です。

 

 なのですが、悪いことだけでなく「怪我の功名」と言えるようなこともいくつかあります。1つは右足をケガしたわけですが、左足を使おうというようになったことです。

フットサルでも右足だよりになっていてなかなか左足を使うことを鍛えることが困難でした。それが右足が使えなくなったことで左足を活用するようになったのです。

人の助け合いと同じだなとも思いました。

それから体の使い方を考えるようになりました。歩くのが遅くなり、なんとか進もうという気持ちから腕を大きく振るようになりました。そしてより腕を振るためには足を曲げて姿勢を少し低くするとできることも気づきました。

バレーボールをやっていましたが、スパイクを打つときの助走と似た感覚にも思いました。

あとは手荷物をショルダーバッグからリュックに変えました。ショルダーバッグだと片方に重さが乗っかり左右のバランスが上手く取れないことに気づきました。

リュックにしたことでバランスがよくなり腕も空くので腕を振れるようになりました。

 

 不自由は不自由なのですが、不自由になるからこそ気づけることもあるので、ケガをしているなりに楽しんで過ごしています。