気分やさんの気ままなブログ

【対談本からみるコミュニケーションと作品の奥深さ】

f:id:itasan-kibunyasan:20200605221539j:plain

 ようやく読み終わった本があります。それは『中島かずきと役者人』という本です。

1、2回投稿の一部に書いたこともありますが改めて紹介すると、アニメ「グレンラガン」や劇場アニメーション「プロメア」などや劇団☆新感線での演劇の脚本を書いている中島かずきさんと、作品に携わった役者との対談本です。

アニメについては知っていたけど演劇の方は知らない中で読んでみました。

読んでみて思ったことが大きく3つあるのですが、最初のは誰でも向け、後ろ2つはコアな人向けのことを書こうかと思います。

 

 1つ目は、以前にも書いたことになるのですが、コミュニケーションのことが学べるなと思いました。対談ということで普段仕事している時には聞けないような相手の役者観を探るわけで、巧みに引き出されています。

これはインタビューゲームをやっているからこそでしょうが、質問の振り方や話題の選び方・広げ方・タイミング、深い部分への踏み込み方、すごく参考にしたいと思えました。

ちなみに、対談者の1人である洲崎綾さんの番組にメールで質問してみたのですが、対談前に相手の人と打ち合わせなどは特にせず行われたそうです。

ただメールで質問してみたものの、本を読むとそうだろうなという感じが伝わってさえきます。

そして、それぞれの役者側も、どう答えるかや中島さんへの質問など、人によって対話の流れが異なっているのもおもしろい点です。

改めて、コミュニケーションというのはその人たちだからできあがる共同作品だなと思うばかりです。

 

 2つ目はアニメと演劇が思ったより近しいものだなということです。

そもそもこの本が、アニメは知っているけど劇団☆新感線を知らない人に興味を持ってもらうために書かれたわけでもあるのですが。

松山ケンイチさんや朴璐美さんなど声優も舞台も両方ともやったことがある人が何人もいます。

そのような人が答えているので演劇とアフレコの近しいことや異なっていることがよく比較されています。

その中で、2つの世界を行き来したから学べたこと、還元できたことがあるということも出てきます。

それを読んだ僕自身も観客という立場から感じ取りたいので、今まで見に行ったことがない演劇も今年は見に行ってみたいです。

 

 3つ目は見たことがある中島かずきさんが手がけたアニメ作品をもう1度見たくなったことです!

作品ができて時間が経ってからの対談本だからこそ細かい部分のこだわりや裏設定みたいなものも話されていました。

キャラ設定の元ネタ、あの作品のあのキャラなの!?、なんて話もあるわけです。

各映画・アニメ、再上映・放送されないかな~。

 

 

 全く知らない人は好まないかもしれませんが、中島かずきさんの作品とかTRIGGERを知っている人であればぜひ読んでみてはどうでしょうか。

【一眼レフ持ってこればよかった~】

 今日、家から1時間以上出歩くことになったのですが、鶴舞駅のところでこの花に目が留まりました。

何の花か分からないですが、1つ悔やまれるのは一眼レフを持ち合わせていなかったこと。

最近は出かけても撮ることに気持ちが向いてなかったから置いてっちゃったんだよな~。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20200605001452j:plain

 

f:id:itasan-kibunyasan:20200605001505j:plain

 

【習慣化したものを変えること】

 毎日書いているこのはてなブログですが、ちょっと前にある変化があって、それになかなか慣れられません。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20200603231638j:plain

 

それは文章を入力し終わった後に押す投稿するためのボタンの位置です。以前は左下にあったのですが右下に変わりました。

いつもボタンを押そうとする時にマウスカーソルを以前までの左下にもっていってしまいます。

 

 たった1つの操作ですが、身体化した習慣はなかなか変えるのが難しいと感じます。

【中止と突発】

 コロナウイルスの影響で人が集まることを避けるために今年の花火大会が中止になっているところが数多くあるようです。

毎年花火大会を楽しみにしていた人にとっては嘆かずにはいられないほどのことです。

 

 そのようなのですが昨日、場所非公表のサプライズの形で日本の各所で5分間だけ花火が打ち上げられる「Cheer up!花火プロジェクト」というものが行われたみたいです。

花火業者が協力して全国の人に笑顔を届けるために行われたプロジェクトです。

花火を待ち望んでいた人にはうれしいサプライズで元気づけられたのではないでしょうか。

 

この一連の経緯から思ったことがあります。

嬉しいことで、有ることが当たり前になっているものがなくなるとそれほど落胆は大きくなります。

逆に、なかったはずの嬉しいことが突然起きると歓喜します。

ということは有ることが当たり前でなければ落胆の方は減らすことができるわけです。

嬉しいようなサプライズは警戒というか待ち望むことはそうないでしょう。だから歓喜の方が減ることはないですね。

ということは、今年は有ることが当たり前ではないことをいろいろと教えてもらえる年になるのではないでしょうか。

それを心に刻めば、来年以降にあることに感謝し、また中止になることがあっても落胆は抑えられるはずで、結果として今まで以上に楽しめるのではないでしょうか。

 

 ・・・でも甲子園も同じことかと思うと、当事者に対して簡単に同じようには言えないなぁ。当事者は悔しさの方が勝るだろうから。

そう考えると簡単に言えることではないですが、それでもやはり今後に生かす、先に進むために天から求められていることなのではないかと思います。

【あの「テニスの王子様」で心に刺さる場面】

 Youtubeでいろんなものが無料公開されていますが、1日限定でマンガ・アニメの「テニスの王子様」のミュージカル(テニミュ)が公開されていました。

公開されていたのは本編最終盤の全国大会決勝の場面なのですが、越前リョーマ幸村精市の試合を見ているといつもあることを思います。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20200601231533j:plain



 試合の中でリョーマが「天衣無縫の極み」という状態になります。

その人間離れした能力はおいといて、そんな特別な能力とは対称的な、どうしてなれたのかという部分が好きだし、現実でも的を得た話だよなと思うのです。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20200601231435j:plain

それは、楽しいという気持ちからできたものであり、やり始めて夢中になっていて楽しくてしょうがなかった頃は誰もが天衣無縫だったんだよ、という話です。

 

 技は意味不明ですけど、これだけは心に刺さるんですよね。何にしてもやり始めてみると楽しくて、もっともっと上達したいと思ってひたすらやる。

けれどいつの間にか勝利とか利害関係といった純粋ではないことに、人からやらされたり自分の意思とかけ離れたりして大切なことを忘れてしまう。

 

 本当にテニスの中身はムチャクチャなのに人間関係や内面的な部分にはここぞとばかりに読者の気持ちを奪いに来るのでズルい作品だなとつくづく思います(笑)

対戦相手を棄権にしたり人が分身するとかチート技との温度差に風邪ひくわ~。

 

 

 それにしてもテニミュも懐かしいですが変わったもんですね。昔は空耳がはやってネタになってましたが、今はしっかりしているんですね~。一度は生で見てみたいものです。

 あっ、男性俳優が好きな人でテニミュ知らない人はチェックしてみるといいですよ。城田優さんとか志尊淳とか有名な人が出てたりするので。

(男性声優好きに対してもと思いましたが、そちらの方はおそらくオススメせずとも知っているだろうなと思いましたので。)

 

 

※新テニの方で天衣無縫の極みに設定が加わったようですが、そこはツッコまないように。新テニまでは追っかけてないので・・・。