気分やさんの気ままなブログ

【初の日本武道館!】

 もう10日前のことですが、今年活動を再開した藍井エイルのライブを見に初めて日本武道館に行ってきました。活動休止になった時にライブに行けばよかったととても後悔したので、復活してライブをやると知った時はたとえ東京にでも行ってやると思ったのでした。

 

 復活ライブだからなのもあるかもしれませんが武道館でということで異様なことに、僕も買おうと思っていたTシャツがファンクラブ先行販売で売り切れになってしまったのでした。(青シャツ着ててよかった)

 

 席は2階のほぼ最後方だったのですが、それでも角度もよく全体を見渡せる場所で悪くなかったです。今日24時間テレビでちょうど武道館の中が映されていましたが、生で見ると本当に広くてライブが始まってからは武道館の熱量は他の会場でのライブとは違うと実感しました。

 

 行ってみて武道館は特別な場所なのだと実感することができました。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20180826231818j:plain

【もうじき終わりだなあ】

 歩いていると何か踏んだと思って足元を見てみると、それは銀杏でした。(軽くやらかしたとも思った) それから目線を移すと浴衣姿の人が。それに以前に比べれば暑さも引いてきているなあと思いました。

 

 晩夏とでも言うのでしょうか、夏ももうじき終わりだなと思ったのでした。

【半年以上ぶりに祖母の家に行って】

 正月ぶりに祖母の家に行ってきました。名古屋市内にあり車で40分程度のところにあります。

 

 しかし半年以上経つと、行く途中にある建物や店や塗装が自分の中にある記憶とは度々異なっているのでした。ちょうど去年の職場の近くも通ったのですが、そのあたりでさえ。ショッピングセンターに行ってもレイアウトがごそっと変わっていました。あと伯父の車も変わっていて驚きました。もう変わり時だったのかと。

 

 港区にありかなり田舎なのですが、それでも変わっているものがたくさんあり、どこでも開発が進んでいるのだと思ったのでした。

【朝から勉強しようとしたが・・・】

 毎日やっているらくだプリントですが、いつもは夜にご飯を食べてからやるのですが、今日は用事が重なったこともあって午前中の10時ににやりました。

 

 なのですが、やってみたところミスもそれほどなく時間内にはやることができました。ですがやってみた感覚としては、問題を解いたという感覚がほとんどしなかったのでした。

 

 目覚めがよくなかったというのもありはしましたが、夏休み中でなければ仕事がある時間帯なので活動している時間帯なのです。にもかかわらず頭が働いていなかったということが気に食わないのです。

 

 まさに夏休みに入ってから朝に勉強していない日々が続いていたということで、生活習慣なんだよな~(-_-;)

【円の面積のはなし】

 数学においてなかなか覚えるのが難しいものの1つが図形の面積・体積の公式です。その1つに単純な形ながらというのが、円の面積の公式です。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20180812234939j:plain

 上の図形の円の面積の公式であれば、円周率(π)×(半径の2乗)なので単純にπa2です。ですが、周の長さの公式とごちゃ混ぜになっているからかこれがパッとでない子もいるのです。そのような時によく説明するのは正方形の面積だったらどう求めるかということを聞きます(実のところ本質的にはよくないのですが)。正方形の面積は1辺×1辺ということはすぐに出てくるので面積は長さを2回かける必要があると思わせます。それで円周率×(半径の2乗)でいいと思わせるのです。

 

 しかし僕はこのような教え方をするといつも考えることがあるのです。一方で上の図形で、円の外にある正方形の面積は(2a)2で4a2になります。では今は円の半径がaであり基準となっているのですが、次のように正方形の1辺をaとしてみましょう。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20180812235002j:plain

すると、正方形の面積はa2、円の面積は(π/4)a2となります。この2つを比べてみると割合として、円は正方形のπ/4倍ということを示しています。そして、aは正方形の1辺の長さですが円の直径でもあるのです。このように考えてみると円の面積の公式はπ/4×(直径の2乗)とも言えるのです。

 

 周の長さの公式を、小学校では直径×円周率、中学校では2π×半径、と同じものですが使う円の部品が違っています。あたかも中学で面積の公式に合わせて直径でなく半径に統一したかのように思えます。が、ひょっとしたら半径に合わせるのではなく、直径に合わせて、正方形と抱き合わせで面積を考えるようにしておく方が、実は自然だったりするのではないかと時に思うのです。