気分やさんの気ままなブログ

【定点観測は「自分で決める」もの】

【連続投稿20日目 1541投稿目】

【作成日時:4/7 16:20~17:12、52分】

 

 定点観測会という取り組みを1月下旬から開始しています。

itasan-kibunyasan.hatenablog.com

一緒に取り組んでいる1人であるTさんは、1日1枚、思いのままに山を描くということを取り組むこととしています。

これで2か月半ほど続けられていて、フェイスブックにて次のように振り返りをされていました。

 

『1日1枚描く「山」』をやっていての気づきです。
絵の素人の自分がやっていて「無目的」に描いているのですが、近ごろ自分でも「やる意味」があったなあ、と実感したので、その気づきを共有してみます。
結論から言うとそれは、
「自分で決める」ということです。
前振りのお話ですが、私は寺子屋塾(

https://terakoya-juku.com/

)で算数プリントを1日1枚やっています。
そして『1日1枚描く「山」』は、それにならったものです。
この毎日やる、ということ以外は、すべてオリジナル?で決めました。
また、1日1枚をどうやって描くかもすべて日々「自分で決める」ことです。
実は私は、迷いの迷宮に入り込むことがたまに(よく?)あります。
俗に言う「優柔不断」というやつです(笑)
ああするといいか、こうするといいか、
ああしたいけれど、こうもしたい、
あちらもいいけれど、こちらもよさそう
などなどキリがありません。
このとき、ふと気がつきました。
「ああ、毎日、絵を描く時みたいに決めればいいんだ」
「自分の描きたいように描けばいいんだ」
「自分のやりたいようにやればいいんだ」
と気がつきました。
というわけで、『1日1枚描く「山」』の取り組みが、
初めて功を奏した、というか、腑に落ちた実体験のお話でした。
この気づきが生まれたり、後押しして、支えてもらったFBも共有しておきます。
響月ケシーさんという方の以下のFB記事を読んで、ふと気づきました。

響月 ケシ一 - <決めてやれば何でもやっていい> 決めないでやるから 後悔する 決めてやったなら 全て糧になる...

ーーーーーーーーーーーーーーーーー以下転載
<決めてやれば何でもやっていい>
決めないでやるから
後悔する
決めてやったなら
全て糧になる
だから決めたのなら
何やってもいい
どうやったっていい
ーーーーーーーーーーーーーーーーー転載以上
まさに、そうだな、と。
自分の文頭記事とは話がそれますが、
「やらなかった後悔」はあると思うけれど、
「やった後悔」ということも僕はあります。
そういう時は、「決めないで(不断まま)やる」から後悔するんだな、と気がつきました。
だから、「毎日(自分で決めて)描く」ことも
「自分で決める」練習に自然になっているんだなあ、と
優柔不断の自分には朗報なお知らせでした、という記事でした^ - ^

 

 この「定点観測」という取り組みはまさに「自分で決める」ことのオンパレードです。

決まっていることとしては、毎日取り組むこと、そして記録表に書くことだけです。

何をやるか、その中で何をどのように見るかは自分で決めることです。

そもそもこの定点観測を取り組むと決めること自体もですね。

Tさんも書かれているとおり、「自分で決める」ことを今一度問いかけられ、自分と向き合いながら取り組むものであるといえるでしょう。

自分で決めていることというのは、変に周りに振り回されるようなことがないでしょう。

どんなファッションで出かけようかという時にも、周りの人から見られることを意識して選ぶと悩みます。

そして周りの人から思うような感触が得られなければ落胆することもあると思います。

ですが自分が来たい服を着るならば即決でしょうし、そこで周りの人からどう思われようと大したことないでしょう。

ですから自分で決めたことというのは続くのです。

 

 ところで「無目的」という言葉が出てきていますが、無目的というのはどういうことでしょうか?

目的を持ってやるというのは、例えば絵を描くことであれば「表彰されるため」が挙げられるでしょう。

ですから上手に描くといったスキル的なことやクオリティが付き纏います。

すると優劣が生まれます。

それに対して無目的というのは「やってみる」が先であることなのではないでしょうか。

「坦々とやる」ということです。

ですがその中に「なぜ自分がそれをやっているのか」「それを通して自分がどうなりたいのか」というテーマがないわけではありません。

いや、必ずあるはずです。あるからやっています。

やってから後に自分のテーマが見えてくるのです。

見えていたテーマはさらに明確になっていきます。

ですがそのテーマも固定的ではありません。

人によって違えば、その人の中でも時間経過によって変化することでしょう。

よって「無目的に取り組む」とは何かというと、顕在化していない目的に沿って取り組むことから潜在していることを見つめる取り組み、といえるのではないでしょうか?

 

 この定点観測の取り組みですが、今の集まりとは別の動きもできました。

週1日お手伝いしているフリースクールでの子どもたちの取り組み、そしてその保護者にもやってもらうことになりました。

それから今後はこの取り組みをよりオープンにしたいからフェイスブックで公開グループページを作成しようかなと、今思いました(笑)

一緒にこの取り組みをする仲間も引き続き探してます~。

----------------------------

今後のイベント予定

3/10(日)13:00~17:00 経営ゲーム塾B @寺子屋塾

☆定点観測を一緒に取り組みたい人、随時募集中です(^ ^) 定点観測についてはこちらをどうぞ!

☆個別インタビューゲームについても随時募集中です!