気分やさんの気ままなブログ

【「僕が見ている世界」その16-レゴブロックに平和を思う】

 去年にレゴを扱う機会があったが、もし今、レゴで今の心情を表してくださいというお題を与えられたら青と黄色を選ぶ人が普段よりも増えるのではないだろうか。

 

ウクライナの国旗、原色なのでレゴと相性がいいな。

 

 騒ぎになっているのは知っていたが、今日になってはじめてテレビでじっくりと知った。

 

f:id:itasan-kibunyasan:20220227112111j:plain

https://twitter.com/LEGOJAPAN/status/1497234285421801473

 

 手元にレゴブロックはないが、何かないかと思って調べてみたら同じようなことを考えている人がいた。

僕はシンプルに2×4のブロックを積んだのを思い浮かべていたが、いろんな発想があるものだ。

【図形を自分で描く大切さ】

 中学1・2年生は学年末テストが終わり、3年生は公立入試に向けて勉強しているところです。

数学で図形の問題があるわけですが、分からないという時にまず伝えていることは図形を描いてみることです。

それも問題に図が既にあったとしても文章から自分で図を描くことができる確認させています。

既に描かれているというのは親切でもありますが、裏を返せばそれだけ自分で考える機会を減らされているともいえるのです。

それゆえ「分かっているつもり」が生まれるのです。

 

 文章から描かせてみると、忘れていた条件を見つけたりその条件からもっと考えられることがないかという思考が自然と生まれるのです。

【猫の日は猫の日でも】

f:id:itasan-kibunyasan:20220222111856j:plain

 

 今朝のニュース番組で知ってから頭から離れないのが今日が2/22であることに加えて2022年ということで、ただの猫の日ではなくて「スーパー猫の日」だということです。

これを聞いて、そもそも今年は猫の年なのだろうかとか2202年と2220年の2/22もスーパー猫の日だなとか2222年の2/22はウルトラ猫の日なのだろうかとか思ったりもしましたが。

 

 ツイッターを見てみたら「#猫の日」がトレンドになっていたのでネコ画像でなごむのもいいかもしれませんね。

ちなみに鈴鹿サーキットの公式アカウントが「鈴鹿ニャーキャット」になっていたりバーミヤンの公式アカウントが「バーミニャン」になったりもしていました(笑)

【始める時間も毎日記入しているからこそ】

 らくだプリントとPrime smash!をやる時にはまず取り組み始めた時間を記録表に書きます。

この2つは朝にやるものとして習慣化しているのですが、日ごとの時間を記入していることで変化があると意識ができ、それも数字という具体的な事実を観察できます。

多少は日によって異なりますが、1か月前と比べて取り組み始める時間が30分以上遅くなっています。

起きる時間は変わっていないので、起きてからこれらのものをやるまでの時間の過ごし方が変化しているというわけです。

 

 ちなみに原因は仕事のことにほかならないのですが、過ごし方として1か月前に比べてのこの30分遅れを縮めて以前に近づけられたらなと思っています。

【整える、ゆるめる】

 最近感じることが、呼吸が不自然になっているなということです(笑)

昔からものごとに集中すると気づいたら呼吸が少なくなっているということがありはしました。

ですが、今はそれが常時というか気づくと呼吸が荒くなっているというようになってしまっています。

 

 呼吸を整えること、習慣を整えること、自分をゆるめることが必要なように感じます。

【3か月という節目】

 今の仕事がアルバイトから始まって3か月が経ちました。

 

 今までの仕事とかもそうなのですが、僕の場合は3か月経ったタイミングで何かしら心の状態や状況に変化が起こそうとせずとも起きます。

中学校で非常勤だった時にはモチベーションが下がりだしたり、時計店で働いていた時には店長がいなくなったり。

大学時代でも委員会で変化が起き始めたのも入ってから3か月のタイミングでもありました。

 

 そして今の仕事でも、これまでとはまた違った変化がこの3か月で起こり始めました。

不自然に取っていたバランスが崩れ始めたので、それを整える必要があるなと最近は感じています。

【自分らしくいられる会社】

 前職まではしていなくて、今の会社に勤めてからするようになったことがあります。

それは寺子屋塾のことや自分のルーティーン、学んでいることを話すようになったことです。

中学校非常勤講師時代はごく数人には多少は寺子屋塾のことを軽く話したことはあります。

ですが、時計店では話したことがありませんでした。

 

 なぜその違いが生じているかというところですが、時計店については業種が違うという部分もあり、教育・学びとは離れたところだったからということもあったでしょう。

ただ、それでも人間関係については当時から思うことはありました。

ですがその人・会社自体に解消したいという意志があるほどのようには思えなかったことと、自分がアルバイトの身だったのでそこまでする必要もなかったというのが自分の中での折り合いどころでした。

逆にこれが正社員だったとすればガンガン意見していたことでしょう。

 

 もう1つは、こちらの方が強い理由で、その考えを理解してくれたり受け取ってくれる人だという安心感みたいなところからでしょう。

代表や教室の上司は、「外のこと」への関心が強いのです。そのうち寺子屋塾を見学されに来る時が来そうな気もしています。

むしろ話せる・理解してもらえることに快感を覚えているほどだったり(笑)

 

 まだファシリテーションという手札は、ミーティングでこそっと手を入れてはいますが、会社におおっぴろにはさらけ出していないです。

しかし、そのうちさらすことになるんじゃないかなという気がしています。

【ふと立ち寄ったスタバで】

 久しぶりにスターバックスに行きました。

この日は隙間時間ができた昼前に行ったのですが、午前から利用したのは初めてで、仕事前に行くという謎の新鮮味がありました(笑)

 

 お店に入ってみると、その店では合格祈願と3月までに店を離れるスタッフのボードが飾られていました。

離れるスタッフがあまりにも多くて1店舗を何人で回しているのだろうかと気にもなりましたが・・・。

それよりも、今となっては個別指導塾で働いていて、今まさに受験をしている子たちを受け持っているのでこのような場所でも合格祈願のものが飾られていることにありがたいと思いました。

 

 自分が勤めている教室の生徒も高校私立入試は上々の結果だったので、いい学校に入ることが全てではないですが、生徒にとって公立入試もいい結果になってくれたらなと思います。

【「僕が見ている世界」その15-バス停での「行先確認」】

 いつも通勤に市バスを利用しています。

その日もいつもどおりバスに乗っていて、1日の仕事のことを考えていました。

降りた停留所でふと、「行先確認」という太めの赤字で書かれたものが運転手から見える位置にバス停に貼られていることを発見しました。

忘れないようにするためであったり大切なことは目に見えるところに何か書置きしておくものですが、バス停にもそういうものがあるとは思っていませんでした。

 

 このようにアナログながら間違えないための工夫がされていたのを、それも自分とはかけ離れた業種でもしていることを垣間見たことにそんな気持ちを思ったのでした。

【やせます!】

 旅行に行った時に旅館に体重計がありました。

久しく測っていなかったので体重計に乗ってみました。

 

うどんを食べまくったことを差し引いても、これは・・・。

 

普段の体の動きから悪くなっていたのである程度分かってはいましたが。

今年の目標が1つ増えました。

フットサルに行く余裕が今はまたなくなっていますが、いずれはやり始めたいと思います。