気分やさんの気ままなブログ

組織

【自分らしくいられる会社】

前職まではしていなくて、今の会社に勤めてからするようになったことがあります。 それは寺子屋塾のことや自分のルーティーン、学んでいることを話すようになったことです。 中学校非常勤講師時代はごく数人には多少は寺子屋塾のことを軽く話したことはあり…

【自分ごとにして、そしてその先へ】

個別指導塾で、アルバイト講師の1人からこうしたいですという想いと提案が出てきました。 入って2か月半になりますが、これまでは上の指示に下が従うという上意下達に完全になっていました。 そのような状態だったところにこのようなことが起き、それもも…

【いかにすべての人が自律的な組織をつくるか】

3週間ほど前のことですが、『社員の力で最高のチームをつくる 1分間エンパワーメント』という本を読みました。 経営難の会社の代表がある会社の様子を視察するというストーリー仕立ての上で書かれているものになります。 組織力を強化するための本で、エン…

【当たり前なことに問いかける】

今日は会社の理念を社員で話し合って意見を出しました。 その中には「良心」と「正義感」という言葉があります。 一見当たり前な言葉で分かっていると思いがちなのですが、僕はこれらの言葉が逆に当たり前すぎて何だろうと思ったのでした。 当たり前だと思い…

【抽象的なものを具体化させる】

最近、自分が入った会社で企業理念や経営理念にあたるものを見直ししています。 その中でどのような人が会社に求められるかということを上司と考えていました。 その時に僕は「自分を自らで探求できる人」と答えたのですが、それってどんな人と尋ねられまし…

【型あってこその「型破り」】

今年もこれを大切にしていきたい。 pic.twitter.com/ik0qIhKQd9 — Naomi (@naomi_seven) 2022年1月8日 昨日ツイッターでのリツイートでこのような投稿を見かけました。 おそらくリアルタイムで何かの番組でやっていたのではないかと思います。 これ、今自分…

【予告編-『社員の力で最高のチームをつくる 1分間エンパワーメント』】

会社から言われて『社員の力で最高のチームをつくる 1分間エンパワーメント』という本を読んだ。 時機に感想を書こうと思うが、理解はできたし悪くはない本だが現時点で自分が「活用」できる気はしていない(笑) ・・・ところでなにが「1分間」なんです?…

【難しいようでシンプルなこと】

昨日の続き、『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本の感想です。昨日の投稿で2つ感想を書いて、今日は残り3つです。 どのような内容かというのは昨日の投稿を見てもらえたらと思います。 itasan-kibunyasan.hatenablog.com 3つ目はどのように箱…

【まずは「箱」を理解すること】

塾の方で『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本を読むように与えられました。 この本を読み終えてから既に数週間が経ってしまいましたがようやく書こうという気になったので紹介しようと思います。 このタイトルを初めて見た場合、そもそも「箱」…

【自分に循環が生まれた勉強会】

6月から始まった『プロセスエデュケーション』の勉強会が先週終わりました。 全4回+α+β+リフレクションセッションと長期間ながら毎回が充実していました。 この機会を通して、ここ5年ぐらいの経験が、しばらく考えずにあった経験までもがごぞっとでっ…

【今年のプロ野球】

今年のプロ野球は、去年のような開幕が延期するといったことがないとはいえチーム内でコロナに複数人が同時にかかったり濃厚接触者に該当して出られない人が同時に多く生じることが幾度かあります。そのようなことがあって主力選手が離脱することになるとし…

【久しぶりに類人猿診断やってみた】

ツイッターのタイムラインで類人猿診断というものを見かけました。WEB上で簡単に診断ができるものだったので久しぶりにやってみました。 類人猿診断に最初にふれたのは6年前になるでしょうか、大学時代の委員会に入っていた時です。 類人猿診断というのは行…

【続・『プレイフル・シンキング』読書会】

昨日の投稿の続きです。(昨日の投稿は↓コチラ) itasan-kibunyasan.hatenablog.com 今回の本『プレイフル・シンキング』を買ったのは当日の数日前でした。その上あらかじめ読んだのも休みの日ということで日中に半分程度読んだ状態でした。 そのような完全…

【『プレイフル・シンキング』読書会!】

昨日、オンラインでの読書会に参加しました。読んだ本は『プレイフルシンキング〔決定版〕』という本です。 同志社女子大学の元教授でワークショップや学習環境デザインの研究をされている上田信行先生が書かれた本です。 自分の接点としては5年前に上田先…

【「ゆるめる」という選択肢】

毎週通っている寺子屋塾で『創造的脱力-かたい社会に変化をつくる、ゆるいコミュニケーション論』という本を読みました。 著者は若新雄純という人なのですが、「JK課」をプロデュースした人と紹介すると耳にしたことがある人が増えるでしょうか。 自分で立…

【「人との距離の縮め方」か~】

「愛パス」という普段はフットサルなどのスポーツをやっているコミュニティがあります。ですがこのような状況であることと、学び合って質を高めるために「人との距離の縮め方」というテーマでコミュニケーションについてみんなで考える機会がありました。 自…

【学校の中にある「パレートの法則」】

ものごとを捉える時に、最近ある法則を用いて考えることがあります。それは「パレートの法則」です。今通っている寺子屋塾の井上先生から教えてもらいました。 「パレートの法則」とは、ものごとの2割の要素が全体の8割を決定づけているという見方です。もっ…

【チームワークってなんでしょうね】

チームワークの思い出というお題を見た時にパッと思い浮かんだのは大学時代の生協学生委員会のお泊まり交流会と夏セミの実行委員と去年のファシリテーション合宿のアイブレのチームの3つでした。 お泊まり交流会はもう4、5年経っているわけですが、今でも自…

【「インタビューゲームのルール」から考えるルール作り】

昨日の投稿、インタビューゲームをやっての話の続きです。 今一度、ルールについてはコチラ 今回が初めてのホスト役ということで自分でルール説明の用紙を準備しました。これまで自分がやってきた時に使ったものを作るにあたって参考にしたはしたのですが、…

【本の読み方とものごとの考え方】

本を読むのがあまりな僕ですが、『難解な本を読む技術』という本を見かけ、気になったので少しだけ流し読みしました。そして、本の種類にもよりますが、最初はとりあえず批判的に考えながら読むよりも受容して読むことが勧められていました。 読み進めようと…

【栗山監督の魅力】

何度かブログでも書いた日本ハムファイターズの栗山監督の著書『未徹在』を読み切りました。この本を読んだ中で僕が感じ取った栗山監督の人柄を書きます。 栗山監督は監督としてはチームを優勝もさせて華々しい実績があるのですが、現役時代の選手としてはど…

【目的・目標を立てること】

大学時代から、それも特にGIで常に気にかけてきたことの1つが目的・目標を立ててそれに沿ったりそれを目指したりしてきたものです。じゃあ目的・目標を立てることのよさは何なのだろうか? これから進むべき道が分かるというのももちろんですがもう1つ。僕は…

【学びを他の場で活かすということ】

一昨日投稿したイベント「girlsBand Last Project2017」で、最後にイベントの参加者からgirlsBandの人に、ここで学んでいることがどのようにして他の場所でも活きているか、という質問がありました。自分も大学の頃に委員会活動がありgirlsBandのイベントに…

【未来デザイン・ファシリテーター実践講座①】

名古屋青少年プラザで行われた「未来デザイン・ファシリテーター実践講座」に参加してきました。4回の講座のうちの今日が1回目でした。これは半年ほど前に参加したファシリテーションの入門講座の応用編といったところです。やはり「未来デザイン」とか「実…

【「俯瞰する」ということ】

※今日の投稿は、言葉というものはあいまいだなー、ということを前提に読んでもらえたらと思います。もちろん、誰かの考えを否定する気も毛頭ありません。もし癪に触ったり反論したくなったら、(反論してもらっても構いませんが)言葉というものはあいまいだ…

【「めんどくさい」をポジティブに】

とある投稿で「めんどくさい→しんどい→おもしろい」という学びの段階っていうのかな?、そういうものを見たので今日はそれにあやかってみることに。 みなさんは「めんどくさい」ということをどのように捉えているでしょうか?それから「めんどくさい」と人か…