気分やさんの気ままなブログ

【数学らくだプリントに代わる教材】

 昨日の話の続きで、今までやっていた数学のプリント、らくだプリント代わりに何をやることにしたかという話です。

 

 「数学を通してものごとを追究する」ということを何でやるかということなのですが、らくだプリントの数学だと遅かれ早かれ限界があるということで、全く別のものをやることにしました。

それがスマホのアプリ「Prime Smash!」というゲームです。Primeとは素数という意味です。

素数とは「その数が1かその数以外ではわることができない数」です。

具体的に挙げると、1は素数ではないですが、2から3、5、7、11、13、17・・・とあります。逆に例えば6は2×3とかけ算に分解できるので素数ではありません。

このゲームは簡単にいえば素数かどうか判別するゲームです。

下の写真や実際に動画を参考にしてもらうと分かりやすいですが、数字がかかれたボールが画面の下から飛んできます。

その数が素数であればタッチして消します。

一方、素数でなければボールをスワイプします。すると、かけたら元の数になるような2つの数の書かれたボールに分裂します。6だったら2と3のボールになるわけです。

正しい判断ができればそのボールの数が点数として入り、間違えたら減点されてしまいます。それを2分間やり続けるものです。

f:id:itasan-kibunyasan:20200328233543j:plain

 

Youtubeからの拾いものですがこんな感じ

www.youtube.com


 

 

 最初は1・2ケタ程度なのですがレベルが4段階あり、今やっている一番難しいのは3・4ケタの数を判別することになります。

このようなゲームなので、際限はないわけです。しかも素数であることを見抜く必勝法はないのです。

素数でない数を見抜く方法ならあるのですが、それでも考えているうちにボールが落ちてしまうということになることも多く、間違えた後に分解できるじゃんと思うことばかりです。

 

 ですが、その中でも不思議なもので、ひたすらやっているとこのぐらいの数だったらだいたい素数というのが分かってくるのです。1000代の数で2・3・5で割れなければたいてい素数かな、みたいに。

 

 そして、今までのらくだプリントと同じように記録表を作っています。

画面を録画してプレイして、やったら見返して正しくできた数と間違えた数などを記録して、思ったこともあれば書いておく。

そのようにやり始めてまだ数日ですが、気づくことがいろいろありそうな感じが既にしています。

 

 

 ちなみに僕のこのゲームの最高点は264026なので挑戦者募集中です、よければどうぞ。

 

Panasonic Prime Smash!

Panasonic Prime Smash!

apps.apple.com