気分やさんの気ままなブログ

【文字式のルールが受け入れられるか】

【連続投稿91日目 1612投稿目】

【作成日時:6/18 15:04~15:37、33分】

 

【らくだプリント 中1-24(続き)~26】

 

 前にあった文字式への代入のところで既に生じていたものもありますが、文字式においてこれまでにはなかったルールがいろいろ登場します。

文字の頭についていた「1」はなくても伝わるものであること、昨日の投稿で書いたように異なる文字は全く別のもの、分数×整数における式の意味をしっかり理解していればスッと入るものでしょう。
あるいは「そういうものか」と受け入れれば適応しやすいでしょう。

しかしこれをルールが提示されたと「制約」だと解釈してしまうと細かくてややこしいものと思ってブレーキがかかってしまうのではないかという気がします。

 

 一方で、文字のアルファベット順・降べき順で書くというのは、ほかのもののように根拠があるわけでなく「美しさ」という感性によることからのルールです。

これに関してはそれにならってないからといってバツにはならないので「推奨事項」ではありますが。

高校数学まで進むとアルファベット順で書くという原則の例外も多く出てきます。

それもやはり「美しさ」という観点からです。

よってこれに関しては受け入れるしかありません。

さらにいえば数学という学問において何を美しいとされるかを理解していくしかありません。

感性という主観によるものなので他のルールとは違って「推奨事項」と、これについては出題側も扱うよりほかありません。

 

 僕自身はすんなりとこれらのルールを受け入れられた側でした

しかし中学校で数学を教えていた頃に、人によってはこれほども適応することが大変となりうるものなのかと感じました。

問題が解けるかどうかといった賢さとは別の表面上ではない部分を理解する知性のようなものが、相関はあるように思いますが、求められていることのように思います。

 

----------------------------

今後のイベント予定

7/7(日)10:00~17:00 経営ゲーム塾C @寺子屋塾 

☆定点観測を一緒に取り組みたい人、随時募集中です(^ ^) 定点観測についてはこちらをどうぞ!

☆個別インタビューゲームについても随時募集中です!