気分やさんの気ままなブログ

【経営ゲーム塾1dayを開催しました!(後編)】

【連続投稿84日目 1605投稿目】

【作成日時:6/12 23:36~25:02、86分】

 

 昨日の経営ゲーム塾1dayの振り返りの投稿の続きになります。

itasan-kibunyasan.hatenablog.com

今回の経営ゲーム塾はいつも以上に充実していて、振り返られる材料がとてもあるのですが、絞りに絞った3つのことを書こうと思います。

 

10期やってみるからこそ分かることがある

 今回の経営ゲームの醍醐味はやはり10期取り組むことができたことにあったでしょう。

10時から始めて自己紹介と簡単にルール確認をした後の10時20分頃から開始し、12時までに3期終えられ、1時間休憩を取った後に再開、そして15時45分頃に10期終了しました。

そこから1時間振り返りの時間も取ってやりたいことをやりきれたので、タイムスケジュールとしてもぴったりでした。

10期やってみて、いつもの前半の期数で終わった時には起こらなかったことが想像以上にありました。

参加者の振り返りにもありましたが、気が進むごとに上がる経費による資本のひっ迫、特に販売員もいつもよりも多くしていたことで顕著に現れました。

経費については想定していたのですが、片方の卓で市場から材料がなくなり、市場外から仕入れるということが起こるとは本当に思っていませんでした。

ルール確認した時にも説明のフリップを流れで出してしまったのでサラっと紹介した程度でした。

3人版ならあり得ることですが2人ではまずないことだろうと思っていました。

状況変化のイベントで買うことができる時に買うことはあっても通常の仕入れで市場より高価格の材料を買うということを僕自身なったことも見たこともありませんでした。

そのようなことが起こったのです。

さらには最初から大型の装置で開始した方が大変さから、普通ならしないであろう製造費の払い忘れを何度かしたのでした。

僕も以前に同じような経営の仕方をやってみたことがあるのですが、確かに僕も一杯一杯になってミスをしたということがありました。

途中までで分かることもあるのですが、10期やってみて実は一概に言えなかったということも往々にあるでしょう。

 

付加価値は「在るもの」に付く

 これは今回の参加者にお渡ししたお土産プリントでお渡しした内容です。

既存の価値を高めることが付加価値が付くということになりますが、この付加価値というのはどのようなものでしょうか?

ラーメン屋さんで、普通のラーメンに対して具が追加された「特製ラーメン」といったようなものが付加価値が付いたということも確かにできます。

しかしこのようなものは必ずそれ以上のオプションは用意されていなかったりそれ以上は必要なかったりと、天井があります。

しかし、元の価値以上になるという場合がほかにはないでしょうか?

全く同じ野菜であったとしても、スーパーに売られているものと知っていて信頼している人のもの、あるいは生産者の想いが伝わってくるものであったら後者を選ぶのではないでしょうか。

何なら多少高かったとしても買うことがあるのではないでしょうか?

それはなぜかというと、お金や商品自体といった目に見えるものである「資本」とは別に、信頼や想いといった目に見えないもの、「在るもの」によってです。

この「在るもの」に目を向けることができ、そして本来異なるレイヤーにある「在るもの」と資本、特にお金との境界がなくなることがこれからの世界ではますます重要なことになるのではないかと思います。

それを考えるヒントがこの複数人で取り組む経営ゲームにはあると考えています。

 

振り返りもやりたい形でできた!

 そして振り返りの仕方についても、いつもと少し違う部分がありました。

使ったものこそ同じなのですが、書いてもらった気づきのラベルの情報集約法にひと工夫があります。

上半分の部分について、実は縦の列ごとに話題のトピックが分かれています。

A列は販売員の人数について、B列は効率のよい手番にすることについて、C列は装置と経営スタイルについて、D列は付加価値・研究についてです。

このようにまとめると時系列ごとにも並べられたものになります。

これまでもこのように情報集約したかったのですが、振り返りの時間が十分に取れず、話し合えるラベルの枚数が少なく、ここまでまとめるほどになっていませんでした。

今回1時間振り返りの時間を取ることができたことが本当に大きかったです。

 

 

 ここまで今回の形式に参加者の好感が得られたのは、ただリクエストに答えたからだけでなくここまで回数を重ねてきて、考え方の地盤ができていたからこそでもあるように感じます。

もっと早く機会を設けていてよかったことだったのだろうとも思うのですが、ちゃんと熟成させられていた結果として今回のようなことになったと感じます。

とりあえず今回は試行まででしたが、半年に1回、今回のように経験者に限定した1日がかりの経営ゲーム塾をやっていくことにしようと思います。

ただ今回はTG-Eを10期でしたが、次回は別のことにしてもいいのかなとも考えつつあります。

それこそ難しい方であるTG-Cをやってみてもいいのではと思っています。

 

 そして次回の経営ゲーム塾の日程もすでに決まっています!

今回はイレギュラーな開催だったので、次回は来月になります。

数日前から投稿の一番下に書いているイベント予定には更新していましたが、7/7(日)になります。

そして次回についても半年に1回の「経営ゲーム塾C」なので、午前・午後に分かれているものの1日開催です!

やろうと思えば10期やることもできます。

もちろん初めての人も今回はOKです!

3か月連続で個人的には開催間隔の短さに感覚が若干バグっていますが(←)、ぜひご参加ください~。

↓イベントページ

www.facebook.com

 

----------------------------

今後のイベント予定

6/16(日)13:30~17:30 インタビューゲーム会 @寺子屋塾 

7/7(日)10:00~17:00 経営ゲーム塾C @寺子屋塾 

☆定点観測を一緒に取り組みたい人、随時募集中です(^ ^) 定点観測についてはこちらをどうぞ!

☆個別インタビューゲームについても随時募集中です!