気分やさんの気ままなブログ

【気づいたら3年】

 寺子屋塾に通うようになってから気づいたら3年が経っていました。入った当初、3年やり続けるというのは長くやっている人だなという印象でした。

それが気づいたら自分がその方になっていたのでした。積み重ねていたら自然となっていましたね。

最初は自分がこれを3年続けている姿を想像することはできませんでした。

数学教材だけなら3年以内にやり切るだろうと思っていた推測はその通りになりましたが、そこから国語をやるとは思っていませんでしたから。

 

 ではいつまで続けるかという問いが出てくるのは自然な流れだと思いますが、うーん、どうなんでしょうね?

まだしばらくはやり続けると思います。というのは毎日のプリントに加えて週に1回足を運ぶことを含めて習慣として持ち続ける価値が何ものにも代えられないものとなっているので。

まぁ、この先もなるようになるのだと思いますね。

【疲れが表れるところ】

 5連勤だと心身ともに疲れてくるのですが、一番あからさまに表れるのは声かもしれません。

もともと声が高い方と言われますが、職場にいる時は接客の時だけでなくスタッフ同士の会話も地声とは別の高めの声で話しています。

学校で働いている人は自ずと通る声を出すようになると言われたりもしますが、意識しなくてもよく通る高めの声を使っています。

ちなみに自分の感覚としては喉仏からその少し下に力が入って出ると地声で、通る声を出している時は喉仏の上に力を少し入れながら通ってくる空気を喉に当てずに出す感じです。

 

 ただ疲れてくると、無意識にやれているながらも力を入れて出ている声だからか、地声になってしまいます。

そして僕の地声、自分でも好きじゃないのですが、微妙な低さの上にガラガラな声なんですよね。

5連勤の最終日にはそんな地声を発していました。接客に対しては通る声をなんとか使うようにしているのですが、ふとした時に地声まではいかないですが声が低くなりました。

 

 改善するということとは異なりますが、でもよくしたいとは思っているこの頃です。

【初めて見つけました!】

 店で釣銭を枚数確認しながらケースにしまっていた時のことです。

ふとケースに入った10円玉を見ていると、2種類あることに気づきました。

そう、いわゆる「ギザ十」ってやつです。

今まで意識的に手持ちの10円玉で探したことがほとんどなかったので実際に見つけたのは初めてでした。

しかしギザ十が珍しいものと聞いていた割には何十枚もある中で確か10枚以上と意外と多くあったので拍子抜けしました。

 

 

しかしギザ十の中でも珍しいものがあるってことで、昭和32・33年製が少ないみたいですね。

 

【「Go to トラベル」キャンペーンの注意点】

 今、旅行促進の施策として「Go to トラベル」キャンペーンが行われています。

自分のところの店にも利用可能店舗への加盟の案内が来ました。ただ会社のシステム上見送りになりました。

 

 ただ、仕事をしている時にほかの人から聞いて知りましたが、クーポンを利用するにあたって条件があることを知っているでしょうか?

 

そもそもこのキャンペーンの概要はというと、旅行費の50%分が還元されることになります。(還元金額の上限は宿泊:1泊あたり2万円、日帰り:1万円)

そのうち35%は旅行代割引になります。そして残りの15%が地域共通クーポンというものが発行されます。

さて、条件があるのはその地域共通クーポンです。一見使い勝手がよさそうなありがたいクーポン券だと思います。

しかし実は、そのクーポンが使える条件は旅行先とその隣接する都道府県に限ります。

つまり、旅行をクーポン使わず楽しんできてクーポンを自分の住んでいるところで使うことは残念ながらできないのです。

 どうしても地元で使いたいということであれば、ルールの裏をかけば県内あるいは隣接している都道府県への旅行にすれば使えるでしょう(笑)

 

 とは言っても、このことを知っていれば旅行先でちゃんと使えばいいだけで、3泊としても高々4万円の15%なので6000円なので使い切ることはできると思います。

 

 来月に僕も1泊2日の旅行を予定しているので受けられる恩恵は受けようと思いまーす。

【数字よりも大切なこと】

 毎週通っている寺子屋塾で先週久しぶりに経営ゲームをやりました。

今の仕事をし始めてからは初めてで、4か月ぶりでした。

 

 やりながらふと思った問いがありました。それはこのゲームの方針や目標立てで「自己資本200円」といったように数字でするとどんな感じになるだろうかということでした。

この問いが浮かんだ背景としては、今の仕事で月ごとの売上の予算が設定されていて、その目標を達成することを意識していることからでした。

 

 ですがそこで先生と話してみて、おそらく試してみるまでもなく上手くいかないだろうと思いました。

というのは一手ごとに状況が変わる中でどう対応するかが大切であるからです。

それにたとえ同じ自己資本でもその内約や数字に表れない部分の状況によって状況が全く異なるからです。

その中で数字だけでものごとを考えていては逆に振り回されてしまい、するべき手とはかけ離れたことをしてしまい倒産まっしぐらでしょう(笑)

 

 そのことに気づいてから、仕事の方での現状で自分が過剰に数字に敏感になってしまっていたなと気づきました。

それは言うなれば学校教育に入り浸っているあまりに教育に対する視野が狭くなるのと同じことです。何も学校教育が全てではないですよね?

どう頑張ってもお客様が来ない日だってあるわけです。そういった日がある上でどうやりくりしていくか、そう考えることが大切だと思い出させてくれました。